So-net無料ブログ作成

次女の入院 [7歳&4歳]

2016/4/10

  4/6~8の2泊3日で、ユメが入院していました。
  首の後ろにできた石灰化上皮腫を切除する手術をするためです。
  手術自体は1時間くらいで済むものだったのですが、全身麻酔をするため2泊3日の入院となったのです。

 昨年夏ごろ、大豆くらいのできものを発見していたのですが、冬には直径1.5センチくらい、3月には2センチくらいになっていたので、3月上旬に皮膚科を受診し、1週間後に大きな病院を受診、その10日後に手術前の検診(心電図、レントゲン、採血など)もありました。
           DSC00261.JPG
 今月で5歳になるユメは、手術のこともわかっていたので、緊張もしていたと思いますが、初日に4人部屋の病室に入ると「ホテルみたい!」と喜んで、折り紙、お絵かき、塗り絵、カルタなどで遊び、食事ももりもり食べてくつろいでいました。
 翌朝、手術の日も、私と手をつないで手術台に向かう時、「緊張するな~」といいつつも、嫌がったり泣いたりせず、すんなり手術台に上り、看護師さんの指示通り動いていて、私の方がウルッとしてしまいました。

           DSC00264.JPG 
           DSC00265.JPG

 ヒメの始業式や入学式参加とも重なったので、ユメが病室で寝たら帰宅して、朝ヒメを送り出したら、また病院に向かうようにしたのですが、初日は21時に寝てくれたけど、手術の日は、麻酔のせいで日中寝ていたからか、22:30になっても寝ない。
 それまで淡々としていたユメも、大きな手術を乗り越えて、
 「入院つらい」「ママに泊まってほしかった」「寂しい」と言い出し、
  私も「今日は大変だったもんね」「明日は一緒に帰ろうね」と慰め、枕元のタオルにアロマ(マンダリンやラベンダー)を垂らしたりして、ずっとおしゃべりし、置いていくのはつらかったけれど、「そろそろ家に帰らないと」と説得したら、最後は泣きながら「ママありがとうね~」と手を振ってくれました。。。

           DSC00269.JPG

 祖父母の面会も禁止だったのですが、小児病棟は12歳以下の面会も禁止されているため、お姉ちゃんのヒメもこの3日間妹に会うことができず、感じることがあったようで、上のような絵を描いて(パパ ママ ヒメ3人の天使が、寝ているユメを見守っています。ヒメの手からは光が出ています)「病室に置いて」と励ましてくれたり、退院してきたら妹あての長い手紙がおいてあって、今まで離れてことのない姉妹が、初めての妹の入院を通して、普段は喧嘩ばかりだけど、根底でお互いをのことを深く思いあっていることを、見せてくれました。

 手術の日とその前日はナンピョン(夫)も仕事を休み、夫婦交替で娘二人と過ごすようにしましたが、ユメが4歳まで大きくなっていて、ずいぶん楽になったな~と思いました。夜中も一人でブザーで看護師さんを呼んでお手洗いに行ったりできるほど成長していたので、気になりながらも泊まり込みをせずに済んだのですが、同室の親子を見ていると、子どもが小さいほど入院は大変だな~と感じました。

 大きな山を一つ越えて、いらないものを取って、ユメはまた大きく成長した気がします。
 親もいろいろな経験をさせてもらって、たくさん学んでいます。
 


コメント(0) 

春休みのプール * ピアノの発表会 2016 [7歳&4歳]

2016/4/6

  軽井沢旅行の翌週は、3日間プールに通いました。
  ヒメは4歳の頃から水が怖いと言いながらも、プールには当たり前のように通い続け、初めてヘルパー無しになった級には2回滞在しましたが、今回も一発合格で、自信を付けたようです。

           DSC00230.JPG
 
 ユメは、冬休みには、絶対行きたくないと頑なだったので、無理強いせずお休みして、ヒメ一人で通ってもらったのですが、今回はヒメの説得もあり、勇気を出して参加。
 プールに到着したら泣いたりしてましたが、泣きながらも参加し(そこが成長ですね)、結局、一番嫌がっていた顔つけも頑張り、合格どころか、飛び級しちゃいました。
 子どもって突然変化するし、背中を押してあげるのも大事なんですね。

               DSC00226.JPG

***
 
 ヒメは1年生の11月からピアノを習い始めています。お稽古事は、バレエとピアノのみ。
 長期のお休みの時だけ、プールに通っています。
 まだ始めて5ヶ月で、ようやく両手で弾けるようになったばかりですが、春休みに発表会がありました。

 私と連弾をし、一人でも2曲弾きました。

 DSC00240.JPG DSC00237.JPG
 
 緊張する~!と大騒ぎだったわりに、本番は堂々としていて、これまでで一番の出来でした。緊張感をもって臨む機会も大事なんですね。
 クリスマスにサンタさんからいただいたキャサリンコテージのドレスを着ました。
 お姉ちゃんに刺激されたユメも、6月から習い始めることになりました。

          DSC00256.JPG
 
 春休みは、5月に発表会を控えたバレエのレッスンも結構あり、あっという間に終わりそうです。

           DSC00254.JPG

        


コメント(0) 

『聖母マリアの秘密』 [本]

2016/4/4

 6年前『聖母マリアからのメッセージ』という本を読んで、そのことをブログにも書いていたのですが()、その著者の菊谷さんが、前作をベースに加筆修正された『聖母マリアの秘密』を2/11に出版され、講演もされるというので、3/26に行ってきました。

          DSC00260.JPG
 菊谷さんは、神父様のような雰囲気で、初めてお会いするのに、カトリックの教育を受けた私はどこか懐かしい感じがしました。でも、菊谷さんご自身は特定の宗教には属しておられないのです。
 「本当のことが知りたい」という思いに突き動かされて巡礼の旅をしてこられた方です。国内ではお寺にも神社にもお詣りに行かれています。

 前回も書いたけれど「基本的に宗教は同じものなのに、多くの人が宗教のために仲たがいをし、互いに敵対してしまうのは間違っているということ。宗教や宗派の違いにこだわらず互いに対立しないことが大切」という部分にやはり強く共感します。
 
 私とカトリック教会との出会いは小学校3年生の頃ですが、特に、マリア様に惹かれて、当時はマリア様宛の日記を書いていたり、ルルドの奇跡の話を聞いて、すぐにこの本を買ったり↓
                DSC00259.JPGこちらは小学生むけ
                DSC00258.JPGこれは中学生の時に買ったもの

 菊谷さんのお話を聴きながら、マリア様やルルドにご縁を感じてきた私が、ルルドを含む巡礼の旅をしてこられた菊谷さんに引き合わされたご縁に鳥肌が立ちました。
 巡礼の旅にはすごく惹かれるし、前世では私も訪れたことがあるんじゃないかしら?と思うほど、興奮して一気に読み進めました。

 大学卒業後、すっかり遠ざかっていたけれど、夜中に怖い夢をみた時には、夢の中でも必ず「主の祈り」を祈っていて、そうすると必ず助かるのです。

 出産した病院も、娘達が通った幼稚園も、そして長女の小学校もカトリックで、再びご縁がつながり、私が忘れていた時も、神様もマリア様も私をお忘れにはならなかったんだな。。。と、その深い深い愛を感じて、心の底からの感動が湧き上がりました。

 仏陀を通してでも、キリストを通してでも向かうところはひとつ
 私はたまたまキリスト教を通して、神様に向かっているんだと思います。

 この本、ナンピョン(夫)も読み始めてはまっています。娘を通して、毎月父親向けのキリスト教講座にも通っているのですが、ナンピョンは40を過ぎてキリスト教とのご縁がつながったようです。

コメント(0)