So-net無料ブログ作成
検索選択

結婚記念日 * 1年の成長 [7歳&4歳]

2016/2/24

  先日2/20は私たちの結婚記念日でした。もう結婚17年。出会って20年になります。
           DSC_1796.JPG
  子どもが生まれてから2人で出かけることは少ないけれど、この日は、初めて子どもだけで祖父母宅に泊まってもらいました。
 ヒメはママべったりなので、1年生だけど、私抜きでお泊りしたことはありませんでした。

 夕方別れてすぐに妹のユメは泣いたようだけど、二人とも無事に一晩お泊りしてくれました。
 バレエがあったので翌朝お迎えにいくと、朝から「ママに会いたいな~」とお迎えを心待ちにしていた様子だったけど、初めての子どもだけのお泊り成功でした。

        DSC_1798.JPG  DSC_1801.JPG
 お蔭さまで、二人でフレンチビストロで、お酒もいただきながらゆったりデイナーを楽しみました。

 夫婦ってよくできています。個性も得意なこともバラバラで、でも同じ方向を見ていて、2人で補い合って、球になる感じ。
 
***
 子ども達、今年に入って学級閉鎖もありながら、元気に通っています。

 年少さんのユメちゃん、NHK教育でやってる、「ピタゴラ暗号棒」をまねて、紙コップにパパへのメッセージを巻き付けておいたら、パパも夜に帰宅してから、化粧水の空き瓶にお返事を書いておいてくれました。
        DSC00043.JPG

 面談週間で午前保育が続くので、工作折り紙を買ってあげたら、少しヒントをあげたら30分くらいで作り上げてしまいました↓
      DSC00052.JPG
 切ったり貼ったり折り紙も、格段に上達しています。


 ヒメの学校は、文字の指導も丁寧なのですが、自主勉ノートを褒められたそうです↓
DSC00044.JPGDSC00047.JPG
 一学期の頃の字と比べたら、月とすっぽん。
 幼稚園から小学校の変化って大きくて、戸惑いもあっただろうけど、子どもって1年間でこんなに成長するんだな~と驚かされます。

 子どもには、心配より信頼の目で。
 自分で育つ力を持っているから、手を出し過ぎず目配りを~をモットーに 見守りたいです。
 


コメント(0) 

ヴァレンタイン2016 [7歳&4歳]

2016/2/15

  2/9にアロマ教室で、いつもスイーツ販売をしてくれているUちゃんの「ヘルシーバレンタインスイーツ」の会があり、マクロビオティックのザッハトルテを教えてもらいました。

 娘達と一緒に前日にスポンジを焼き、翌日にソースをかけて、バレンタインお茶会しました[喫茶店]
          
      DSC00024.JPG
 バター、乳製品、卵なしで、こんなに美味しいの?とびっくり[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]
 マクロビ教室に少し通ったことがあるのですが、スィーツに関しては、がっかりなことも[バッド(下向き矢印)]
 でもUちゃんは、スィーツ専門なので、美味しさも追及していて、子ども達も「チョコレートケーキ[exclamation×2]」と大満足でした。
     DSC00028.JPG
 甘めだったのと、娘達がゆずの皮が食べられないので、スポンジの真ん中にジャムを塗るのはやめて、大人だけ、ゆずジャムを添えていただきました。(Uちゃんが無農薬ゆずでジャムを作って、おみやげにくださいました)

 実家の母は、RLのワッフルケーキ[揺れるハート](中高時代、地元にあったルネラリックという名前のワッフル屋さんが、いつの間にか全国展開になり、RLとして売れていることに家族一同嬉しい驚き[目])を持ってきてくれました。
      DSC00025.JPG

 「ザッハトルテがヘルシースィーツだから~」と言い訳して、ワッフルも食べちゃいました[ハートたち(複数ハート)]
     DSC00027.JPG

 私の母から婿へのヴァレンタインは”麻布十番あげもち屋”のおかきでした[プレゼント]
     DSC00030.JPG
 

 ヨドンセン(妹)からは、OGGIのチョコレートケーキ(オレンジ入り)[プレゼント]
     DSC00032.JPG

 私からはドイツビール[ビール]
     DSC00040.JPG
     DSC00041.JPG

 娘たちは、一緒にケーキを焼いたたり、ファンルームで作品をいくつも作ってパパにプレゼントしたり、お手紙を書いたりしてくれたので[メール]パパも嬉しそうでした[わーい(嬉しい顔)][黒ハート]

 幼稚園のバス停では、People Treeのチョコレートを配ったり、親子で楽しいヴァレンタインでした[るんるん]
コメント(0) 

薔薇ぼっくり * 昔とった・・・ [7歳&4歳]

2016/2/2

 1年生のヒメから「学校に、薔薇ぼっくりって言って、薔薇にそっくりな松ぼっくりみたいなのがあるんだよ[ひらめき]」と聞いていて、学校で拾ってきてくれたのがこちら↓

 
   IMG_6305.JPG
 学校で拾ってくる前に、1月に埼玉の牧場で初めて見て感動[ぴかぴか(新しい)]
 でも、ヒメの緑豊かな学校の薔薇ぼっくりは大きくて立派です[目]

 調べると、「薔薇ぼっくり」とは通称で、「シダーローズ(Cedar Rose)」と言い、ヒマラヤスギの実の先の方だそうです。

 幼稚園と違って、学校は毎日授業がたくさんあって大変~[ダッシュ(走り出すさま)]と秋には嘆いていましたが、
 知らない間に、縄跳びは、あや跳び、こうさ跳びまで上手になっているし、
 繰り上がりのある足し算&繰り下がりのある引き算、50問3分超えてたのが、今月には1分くらいでできるようになっているし、学校でたくさんの学びと刺激を受けて、どんどん吸収しているようで、親としては学校はありがたや~[ハートたち(複数ハート)]

 ***
 ヒメが私の母校に通うようになって、数十年ぶりに恩師や同級生、上級生、下級生との再会も続いているのですが[かわいい]
 3か月前の11月からヒメがピアノに通うようになって、その宿題を見るようになったことで、ピアノにも久々に触れるようになりました[るんるん]

 私は小学校1年から高校3年まで12年間ピアノを習ったのですが、大学でも伴奏などをしていたので、22歳くらいまでは触れていたんですね。その後、お仕事しながら、2年くらいジャズピアノを習ったり、子どもに童謡を弾いてあげるくらいで、ほとんと触れていなかったのですが、今年4月のヒメのピアノの発表会で、親子で連弾をすることになりました[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]
 昔取った杵柄とはいえ、かなり衰えていますが[あせあせ(飛び散る汗)]子どもと連弾を弾くくらいは楽しい楽しい[るんるん]
 かつて弟や妹と発表会で連弾していましたが、自分の娘と一緒にピアノを弾く日がくるなんて[もうやだ~(悲しい顔)][ぴかぴか(新しい)]


 昔取った・・・と言えば、私が大学時代から時々投稿していた『鳳仙花』という季刊誌(在日コリアン女性が発起人となり、女性の目線から自らの体験や思いを綴った文集。日本の方も執筆に参加されていました。)の22年にわたる文集の中から、抜粋して一冊の本の形として出されることとなり、その中に私の書いた文章も載ることになったと昨年連絡があったのです。 
     IMG_6306.JPG
 私としては、こちらに載っている文章よりも、韓国に3か月の語学留学中に書いた体験記の方が気に入っていたのですが[手(パー)]
   決してたくさん投稿したわけではない私の文章を選んでいただいて光栄でした[揺れるハート]

 自分の中でしばらくごぶさただった事柄と再び接点を持つ機会が去年から続いていて、不思議です[ひらめき]

 母校とのご縁、韓国とのご縁、ピアノという趣味。。。今年は復活していきたいことがたくさんです[ハートたち(複数ハート)]


コメント(0)